重要性を考える

化粧品マーケティング

化粧品のマーケティングは従来、ブランド品と大手の化粧品会社がプロデユースしマーケティングしていることが必須条件となっていました。 なぜなら化粧品の製造には厳重な品質管理が求められることから、中小企業では大手に匹敵するほどの品質を備えた化粧品を開発するためには莫大な開発コストがかかってしまうため、たちうちできなかったからです。 そのためコスメはマーケティング戦略でシリーズ化され、使う順番を指定され、シリーズで利用しないと肌にトラブルが起きてしまうといった間違った考えも流通することになってしまいました。 しかし最近では中小企業も委託することで高品質のコスメを開発することができるようになりましたし、百円均一などの低価格のコスメであってもトラブルが起きず便利に利用できるため、プチブランドコスメ競争が激化する時代になってきました。 現在コスメのマーケティングは、ミニトラベル用にもできるような試供品セットを販売したり、モニターを募集して感想を聴いたりするのが主流になっています。本当に価値のある良いものでなければ消費者が購入しないため、口コミでの評価は商品の命運を左右します。

化粧品のマーケティングのトレンド

少子高齢化が進む中、化粧品のマーケティングも変化しています。 今までは若い世代を中心に化粧品のマーケティングが行われていましたが40代、50代、60代向けの化粧品が多く発売されるようになってきました。 それに伴い化粧品のマーケティングも大きく変わってきています。CMなどに大人の女性を起用するなどこれまでとは全く別の方法でマーケティングをする化粧品メーカーが増えてきています。新たにブランドを立ち上げるなど様々な施策が行われており販売の現場でもこれまでとは違うやり方でマーケティング活動が行われています。雑誌やインターネットなどを活用しながら新たな購買層に訴求するという方法とは別に店頭などで実際に使ってもらうという点にも力を入れています。